トップへ » 当院が大切にしていること » インプラント » 3つの治療法の違い

3つの治療法の違い

ブリッジ
ブリッジ抜けてしまった歯の両隣の歯を削って金属で固定する治療法です。つまり、失った歯の噛み合わせを補うために、虫歯でもない健康な歯を削ることがデメリットと言えます。

ブリッジの場合、削った歯にも負担がかかり、寿命が短くなってしまうのです。また、一番奥の歯を失った場合は、ブリッジで治療できません。

入れ歯
入れ歯一番安く、手軽に受けられる方法ですが、デメリットが一番多いのも入れ歯です。特に人工物ですので、異物感が強いということがあげられます。

総入れ歯の場合、食べ物の味や熱が伝わりにくくなることも特徴です。また、顎の骨が無くなっている方の入れ歯ですと、非常に不安定な状態となります。

部分入れ歯の場合も、歯に引っ掛ける金具を使用するため、見た目にもいいとはいえません。さらに金具をかけられた歯は、大きく揺らされるため寿命も短くなります。

インプラント
インプラントインプラントは、歯が抜けてしまった部分の顎に、生体親和性の高いチタンなどでできた人工歯根を直接、埋め込む治療法です。人工歯根の上に差し歯を装着し、自然な見た目をつくることができます。

ブリッジのように天然の歯を削ることもありませんし、入れ歯のように針金で歯を引っ掛けることもありません。したがって、他の歯の寿命を損なわずに、ご自身の歯を守ることにつながるのです。

さらにインプラントは、食べ物の硬さや噛み具合を天然の歯と同じくらいに感じることができることが特徴です。入れ歯では味わえなかった食感やおいしさが、若い頃に戻ったかのように蘇ります。


トップへ » 当院が大切にしていること » インプラント » 3つの治療法の違い


コールバック予約