«  2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月11日

12日13日の2日間に渡り、国際歯科シンポジウムに参加しました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

12日の土曜日は、歯内療法つまり根の治療のスペシャリスト達の講演を拝聴しました。
虫歯が深く進行すると神経を抜く治療となります。
その後の予後は、根の状態で大きく左右されることとなります。

可及的な無菌化を図りつつ、歯の根っこを残したとしても、噛む力が大きければ将来、破折に
つながることもあるのです。
根の治療は可及的な無菌化を目指すために、口の周りにラバーを掛け、唾液の感染を
防いだり、根をほる器具も完全な滅菌をする必要があります。

東京 003.JPG

根の治療のスペシャリストは、その治療しかしません。
なので、保険は適用されず自費で歯の根の保存に時間と技術を費やします。

根の治療の中で最も大切なことは、診断と意思決定ということでした。
この歯の根を残すことが、患者利益になりうるのであるかを患者さんと相談し、治療するかしないかも含めて話し合うことが、必要となります。

また、一旦治療介入したとしても予後不良となり、結果抜歯となる可能性も視野に入れる必要が
あります。
術者は、自分の得意とする治療に持っていこうとする傾向があります。
そのようなバイアスがかかってしまうことがあるため、ややもするとアンフェアな話になりがちです。

そうではなくて、あくまでも客観的に治療の説明を進めていき、自分の手に負えない場合は
専門医を紹介するという選択肢をとる必要もあるのです。
膨大な情報の中で意志の多様化が進む現代では、個々の対応というものが
今後の医療にも重要なポイントとなるでしょう。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年10月28日

27日は、東京駅近かにある新丸ビルで懇親会がありました。
参加者は、同業関係の3名
まさき歯科の院長である藪下先生とは、日本ヘルスケア歯科学会会員とSH療法会員
という同じ勉強会仲間でもあります。

日本ヘルスケア歯科学会は、予防歯科学会の中では日本最大です。
また、SH療法とは取外し式の矯正装置を使用した顎拡大療法で、全身の健康を増進
させることが可能な矯正です。

高野会 003.JPG

藪下先生とは、2005年に東京ヘルスケアグループ発足以来のお付き合いです。
私は、その当時からヘルスケア型予防歯科の構築を継続し、多くの予防メソッドを学んできました。

2011年に医院が被災した後も移転開業させていただき、予防歯科の構築をあきらめずに
やってきました。

今では、予防のためだけに歯科を来院される方も増加する一方で、歯並びに悩む患者さんも
増えています。

この2極化は、歓迎される部分とそうでない部分が混在し、歯科の役割というものが
大きく変化してきている証左でもあります。

このことを十分理解したうえで、歯科の向かう方向性はおのずと決まります。
そんなことを、藪下先生とも意見交換することができたハローウイン前夜でした。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年10月25日

9日10日の2日間、秋葉原で日本ヘルスケア歯科学会が開催されました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

初日の午前中は、会議が開かれ、日本最大級の予防歯科学会の認知度を上げるための
討議がありました。
予防と一言に行っても、はたして患者さんに伝わるか疑問が残ります。

虫歯予防や歯周病予防は、毎日のブラッシングでできていると思いがちですが、
それではなぜ、それでも虫歯や歯周病に罹患してしまうのでしょう?

また、なぜ治したはずの歯が再び虫歯になってしまうのか?
その疑問に答えることと、予防のスキルを提供することが、学会や所属する歯科医院
の使命といえます。

学会 006.JPG

午後からは、私の医院が2011年に被災した現状を発表させていただきました。
そのなかで、いいたかったことといえば、

この世に絶対的なものはなにもない ということと

人は決して一人では、生きてはいけない という2点でした。

私は、この学会に所属していたことで、今の自分があると心からそう感じています。
なので、予防歯科を地域に知っていただき、健康を享受していただきたいと
切に願います。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月27日

25日は、SHTA設立8周年記念大会に参加しました。

SHTAでは、取外し式の矯正装置によって、狭窄した歯列を解除し、舌を本来の位置に戻す
ことで、気道容積をも改善する矯正治療を実践しています。

現代人の問題に、口呼吸があります。
いつもぽかんと口を開けた状態では、肺に直接雑菌やウイルスを取り込むため、風邪や
インフルエンザを発症してしまう可能性が高くなります。

SH大会 007.JPG

口呼吸から鼻呼吸に改善するためには、あいうべ体操や狭窄した歯列を起立させる治療が
必要となります。
SHTAの推奨するSH療法は、その可能性が高い治療として、多くの方に指示を受けています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年6月 1日

2016年6月30日午前11時より、取外し式の矯正についての説明会を開催いたします。
矯正といっても多くの治療法があります。

ワイヤー式、マウスピース、床矯正など自分の歯並びが気になっても
どんな矯正がいいのかわからない方も多くいらっしゃいます。

3602_MKJ_062911.jpg

そんな疑問にひとつひとつお答えしていきます。
お子さんの歯並びが気になるお母さんは、ぜひご参加ください!

場所は、幕張ドルフィン歯科クリニックです。
ご予約は、当医院まで

幕張ドルフィン歯科矯正歯科


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年5月27日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私が、取外し式の矯正を臨床に取り入れてから、14年以上の歳月がたちました。
2011年の震災により、移転開業した時点では、SH療法という勉強会に所属し、取外し式の
矯正がさらに進化しております。

また、自分でもこの矯正を始めて、自分自身の根拠も作り上げてきました。
数年前には、一年間でしたが、院内での取外し式矯正の講演会を月一で開催し、参加者から大変好評をいただいています。

3599_MKJ_062911.jpg

この矯正の特徴は、何と言っても抜歯をしないことにあります。
歯の土台を広げていくものなので、抜歯の必要性はありません。
また、昼間外して、夜寝ている時の装置装着で、歯並びを改善していきます。

なので、学校や会社へ持参する必要もないのです。
特に女子中高生の患者さんが多く、毎月の調整に部活帰りに通っています。
調整中の話題は、治療の進展具合や部活動のことなど、いつも私自身楽しみにしています。

矯正のご相談は、随時行っていますのでお気軽にご予約ください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年3月14日

13日は朝から寒い一日でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、日本ヘルスケア歯科学会に所属し、予防歯科を地域の方々へ提供しております。
学会のオピニオンメンバーとして午前中会議に出席しました。
会議では、国民にいかにして学会が行っている予防歯科を知っていただけるかを議論しました。

予防歯科とは、治療後のメインテナンスを一生涯していただくことで、虫歯や歯周病の予防を
目標としています。
そのなかで、特に根面齲蝕は、50代から多くなり、メインテナンスをしていかない場合、歯の
喪失につながる虫歯です。

ヘルスケア 002.JPG

午後は、その根面齲蝕について長崎大学の久保先生の講義を拝聴しました。
歯茎に近い虫歯を根面齲蝕といいますが、まだなぜ発症するのかが解明されていません。
また、その予防策も決定的なものはなく、進行を遅らせる方法があるだけです。

その研究を長年されてきた久保先生は、フッ素の虫歯に対する効果を示されました。
一番効果のあるフッ素の使用は、洗口であることを指摘されています。
当医院でも、メインテナンスの方には必ずフッ素塗布とフッ素洗口剤を提供しています。

メインテナンスの意義は、虫歯や歯周病の再発防止と進行を遅らせ、治療介入から
経過観察へとシフトするところにあります。
一度治療介入してもその歯が一生涯持つとは限りません。

その視点がない限り、歯科を治療のためだけに利用していかなければならないでしょう。
そこに患者利益はないと考え、日夜啓蒙活動を続けている学会の仲間と飲む酒も
格別なものがあります。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月28日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

28日、私は幕張グリーンタワーホテルに向かいました。
富士山がはっきり見られる晴天の中、スタッフの披露宴が挙行。
私は、その主賓に招かれています。

当日まで、他のスタッフの前で練習を繰りながら挑んだ、晴れやかな舞台。
新婦のかおりちゃんは、新卒から当医院へ歯科衛生士として働いています。

そんな彼女へ向けてのスピーチを滞りなく終えた私は、新郎新婦の姿から
以前、前妻と挙げた挙式を走馬灯のように追憶していました。

最後の両親への感謝の言葉は、かおりちゃんの本当の気持であったと納得するものでした。
どうしても歯科衛生士という夢をあきらめず、学費を稼ぐためバイトを掛け持ちしていたそうです。バイト先から遅く帰ったある日、お父さんが心配して
玄関先で仁王立ちしていたこと。

想いもしない言葉を言って、お父さんを傷つけてしまったこと。
そんな思いを涙ながらに話した彼女の顔には、今まで言えずにいた言葉がありました。

ごめんなさい、そして今までありがとう。

披露宴 021.JPG


私は、現在再婚です。
前妻は、もうこの世にはいません。
前妻を幸せにできなかった私は、彼女の両親になんと言ってわびればいいのか?

そんな想いをかおりちゃの言葉から拾い集めて、涙が止まりませんでした。
どんなに幸せでも、夫婦はけっして一緒には死ねません。
今の私の妻も旦那様と死別し、5年前一緒になっています。

いわば同士ともいえる中なのですが、結構喧嘩もしています。
かおりちゃんも私同様とても頑固。
結婚は、人生のスタート地点に過ぎません。

私も主賓として招かれる年になりました。
腹違いの息子たちもいづれ巣立っていくのでしょう。

人生の門出
悲喜こもごもの想いが交錯するなか、今日という日を大切にしていきたい。

おめでとう!
かおりちゃん。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月17日

千葉市 幕張本郷の幕張ドルフィン歯科 米山です。

16日は、東銀座にある歌舞伎座で大歌舞伎の観劇をしました。
いつものように、歌舞伎通の齋藤先生とともに1階席での観劇です。

今回の観衆は、いつになく外国人が多いようです。
日本の伝統芸を堪能してくれることは、私にとってもありがたい話。

今回の歌舞伎は、上方歌舞伎の名優である中村雁次郎襲名披露があります。
4代目雁次郎としての襲名披露口上は、ご一族とともに大変立派なもの!

世襲制度、しかも男世界の歌舞伎ですが、この連綿とした歴史の重みが、
観客にもじわじわとした、また晴れやかな感情を与えたのではと思いました。

歌舞伎 002.JPG

いつもは、向かって左にしかない花道が、右側にも作られ、男形、女形に分かれた口上は、
役者ごとの個性が表れ、大変な見もの。

雁次郎の演目である河庄は、上方歌舞伎ならではの関西弁とユーモアがあり、
上方の二枚目とはこういうものかというものを、存分に楽しませてくれました。

最後の演目である石橋(しゃっきょう)は、長唄囃子太鼓が、獅子の舞とからまり、
隈取連中の勇ましさが、まさに大歌舞伎!

夜更け前の銀座は、まだ人の往来も途切れることはありません。
齋藤先生と入った店の酒は、風邪気味の私をほどよく酔わせてくれたようです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月 6日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私には2人の息子がいます。


1日に長男のゆうたろうの入学式がありました。
5日には、腹違いの息子のケイトの幼稚園入園式を済ませています。


ゆうたろうは、ロボット工学で有名な千葉工業大学へ進学しました。
入学式は、幕張メッセイベントホールで挙行されましたが、1000人以上参列する学生
の間を,ブラスバンド部の演奏の中,教授陣の入退場がありました。

基調講演は、ロボット工学で有名な古田先生
そのお話の中で、人生の目的は、自らの遺伝子と仕事を残すことにある
という言葉に感銘を覚えました。

午後からは、千葉工業大学の新習志野校舎に移動
学生の部活勧誘は、私も過去経験したように熱のあるものでした。
各科に分かれての説明会に参加後、解散となりました。

祝賀会 011.JPG

5日のケイトの入園式は、打って変わって微笑ましいものでした。
とても驚いたのは、トイレがきれいであること。

私の時代は、トイレは汚いものという固定観念がありました。
園内は、どれも幼稚園児サイズで、かわいらしかった。

入園式では、園児のかわいらしいブラスバンド演奏がありました。
大学生の本格的なものと同じところは、どの子も真剣そのもの!
音感は、小さいころから育てる意義は、多いにあるでしょう。

けいと入園 007.JPG

私のように年の離れている兄弟がいる家庭では、門出の季節には、式典が重なるものです。
いずれにしても、わが遺伝子たちが、世間に活躍するために勉学に励むことは
この上のない喜びです。

わが人生、春爛漫
といったところです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科クリニック 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科クリニック
院長 米山吉洋

【経歴】
1991年 鶴見大学歯学部卒業 同年保存学教室入局

1996年 医療法人健和会 マリン歯科クリニック分院長就任

2001年 幕張ドルフィン歯科クリニック開業

2002年 日本ヘルスケア歯科学会入会

2005年 東京ヘルスケアグループ入会

2006年 ドルフィンケアルーム完成(内装改装実施)

2009年 日本メンタルヘルス協会公認の心理カウンセラーとなる

2011年3月 被災により移転を決意。この年の7月にリニューアルオープン