2011年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年10月31日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

咀嚼力を高めると健康寿命が延びるというデータがあります。

122歳で亡くなったカルマンさんは、咀嚼力があり、内臓もしっかりしていたそうです。

私もそうですが、現代人は食事を早くする傾向にあります。

短時間で食事を済ますために、ファーストフードや牛丼店を日常的に利用します。

その結果、噛み応えのあるものを排除し、短時間で味覚を満足させる調味料を選んで

調理する技術のみが発達してきたように思います。

日本は、三ツ星レストランが世界一多い国です。

四季折々の食文化が独自に発達し、旨味という味覚を発見した人種でもあるわけです。

その食に対する追求心は、世界トップクラスといっていいでしょう。

しかし、一方では欧米化した食文化に流されて、咀嚼という基本的な部分をなおざりにしてきたのではないでしょうか?

仏教に止観法というものがあります。

食材のストーリーを感じながらひとつひとつの食材を噛みしめて食事をする方法です。

このお米は、どこからきてどのような流通でここに運ばれてきたのかな

このお魚は、大海原で外敵に食べられずに成長して、また命をつないできたのだろう。

このように食材ひとつひとつに思いをはせながら食べていきます。

いただきますとは、命をいただく行為。

人は、命をいただくことでしか生きられません。

そのような思いを常にもっていただくことが、自分の健康にもつながっていくのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月29日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

歯科治療の80%以上は、治療のやり直しです。

つまり、虫歯を削ってつめた金属やプラスチックのなかでさらなる虫歯ができて、

再治療をするケースが非常に多いということ。

それを繰り返していけば、最後には抜歯という運命が待っています。

はたしてそれでいいのでしょうか?

虫歯や歯周病は、生活習慣病という側面があります。

生活習慣病というからには、生活習慣を改善していけば、罹患する機会は減るでしょう。

プラークコントロールといいますが、歯ブラシでも取りきれない虫歯菌、歯周病菌も

ある以上は、歯科を予防のために利用することは必然といっていいでしょう。

予防のために利用する、つまり定期的なメインテナンスの必要性を知っていただきたいのです。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月28日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

口腔の健康が全身の健康につながっていることは、事実です

欧米では、虫歯菌が体内に侵入し、死亡する報告がありました。

確かに欧米は、治療自体保険が適用されていませんので、貧困層が歯科治療を

安心して受けられない実情があります。

しかし、虫歯を放置した場合、死に至るケースもあるということは違いありません。

歯周病菌が、脳や心臓に侵入した場合にも、悪影響を及ぼすことも知られるようになりました。

当医院では、虫歯菌、歯周病菌を10秒間のうがいで殺菌してしまう機能水を販売しています。

この機能水は、パーフェクトぺリオといいます。

パーフェクトぺリオは、市販されていません。

治療を受けた後、歯科医院で行うメインテナンスと自宅で行うパーフェクトぺリオによる

うがいで虫歯と歯周病を予防していけば、全身の健康を維持していけるでしょう。

一昨年前には、医科からパーフェクトぺリオが、インフルエンザの予防効果があることが

読売新聞に発表されました。

パーフェクトぺリオの効果は、計り知れないものがあります。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月26日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

気という言葉があります。

やる気 元気 勇気 

生命のエネルギーのことですが、実は物にも気があるようです。

パワーストーンや霊気を感じるパワースポットなど

脳科学者が言うには、そのもの自体に気があるのではなく、自分がそう思うから

気を感じるということです。

つまり良い気、悪い気は、自分自身が作り上げているということです。

汚い場所でも平気な人もいれば、そこにいるだけでも気分が悪くなってしまう人も

いるわけです。

病も気からといいます。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月25日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

副交感神経を優位にしていけば、免疫力が高まり、病気になりにくくなります。

どうすれば、副交感神経を優位にできるのでしょうか?

それは、呼吸です。

呼吸は、意識的にもコントロール可能な領域です。

実際、深呼吸は意識的にするものです。

緊張した場面で深呼吸をすれば、落ち着きを取り戻すことができます。

有酸素運動も日常的に実践していけば、健康寿命を延ばせるでしょう。

ヨガ、座禅、瞑想、気功、ウオーキングも呼吸を意識したものなので

健康には、最適なものです。

逆にハードなスポーツは、健康にとっては害になります。

交感神経を常に刺激するものは、有害となります。

要はバランスの問題で、交感神経が過剰な状態を継続していると病気に

なってしまうのです。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月23日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

予防歯科と聞いて何を想像されますか?

欧米や北欧では、歯のメインテナンスに歯科を利用することは、あたりまえとなっています。

しかし、日本ではメインテナンス受診率は、数十パーセントしかありません。

歯の治療のみの受診が、ほとんどといっていいでしょう。

しかし、歯ブラシだけで虫歯や歯周病が防げられたらそもそも歯科は、必要ないのです。

治療のみの歯科のかかり方は、その方が虫歯や歯周病のハイリスク者であれば、

再発を繰り返し、自分の歯を失い、総入れ歯でゴールということにもなりかねません。

その負の連鎖を食い止めるためには、歯科を予防のために利用していただければと

思います。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月22日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

健康は、身体だけに限らず心も健全であるべきです。

日本は、自殺者を12年連続3万人も輩出している自殺大国です。

世界を見れば、ロシアが一位ですが、先進諸国の中では常に上位を維持しています。

この背景には、資本主義社会の影響とストレス耐性が低い国民性という側面があるように

思えます。

特にIT企業の方のうつが蔓延している背景には、納期厳守といった会社からの

圧力がストレスとなっているようです。

利益を追求する社会には、際限がありません。

日常的にストレスとうまく付き合っていく生活習慣が、健康を維持していく上で

必要となります。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月21日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

世界の最長寿国である日本は、がん大国という側面もあります。

老化によって活性酸素を免疫によって抑えられなくなった結果、がんを発症してしまうわけですが、

半分以上は、食生活の改善によってがんを克服できるといわれています。

がん予防にいい食物は、果物、ニンニク、キャベツ、大豆、ニンジン、セロリなどです。

つまり、抗酸化作用のある食べ物を日常的に摂取しているだけでがん予防につながります。

このような食事療法によって末期がんを克服したという報告も多数あるようです。

食事は、人間の健康を増進する基本的な部分です



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月19日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

老化はだれでも起きる自然な現象ですが、健康寿命を延ばすことは可能です。

寝たきりにならないためには、骨や筋肉の老化を遅らせる努力が必要です。

骨の老化は、女性が急激に落ちます。

大腿骨の骨折でそのまま寝たきりになるお年寄りが、かなりいるそうです。

男性でも日常的に運動をしない方は、筋肉の老化も待ったを許しません。

咀嚼筋や嚥下機能の衰えは、胃腸や肺に影響を及ぼし、健康寿命を短くさせてしまいます。

よく噛む習慣と栄養のバランスを考えた献立、適度な運動を心がけましょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月18日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

今は放射能のことで、気が気でいられない世の中ですが、電磁波のことも

気になります。

イギリスでは、未成年に携帯を持たせることを条例によって禁止しているそうです。

欧米では、電磁波が生体にもたらす悪影響のレポートが、数限りなく発表されているとのこと

日本だけが、世界の常識から外され、資本主義の洗脳を受け続けている状況です。

東京スカイツリーも都内の電波量が増えたために建設されたわけすが、

その地域の発がん率を懸念する脳科学者もおられます。

便利なものは、人体に影響を与える可能性もあり得ます。

常識を疑う目も健康には必要なのかもしれません。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月17日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

皆さんは、日常を規則正しく生活されていますか?

太古の人間は、日が昇ってから活動し、日が沈むとねぐらに帰る生活を営んできました。

現代は、昼夜逆転した生活をされている方も多いようです。

コンビニも24時間営業ですし、ネオンに誘われて夜な夜な徘徊する男性諸君。

そのような生活習慣を10年、20年と続けていると日内リズムが狂っていますので

病気になっても当然の結果といえます。

セロトニンという神経伝達物質は、朝日を浴びるころ活性化され、副交感神経を促進させます。

セロトニンを生み出す物質は、メラトニンといいますがこれは、午後10時から午前2時の

間に作られます。

メラトニンとは、催眠効果のある物質ですので、良質な睡眠には欠かせないものです。

つまり日内リズムのバランスを保つためには、早寝早起きが大切でその習慣こそが

健康な体を維持していく上で、重要なことなのです

幕張ドルフィン歯科 予防歯科はこちらから→



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月16日

千葉市の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

免疫学研究の世界的権威である安保徹先生は、病気の80%以上はストレスが原因といわれています。

ストレスとは、寒い、暑いなどの身体的なストレスと不安などの脳ストレスに分けられます。

いずれのストレスも過剰に受けた場合、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が過剰反応を

示し、顆粒球が増加し、活性酸素を発生させます。

その結果、免疫力が低下し、病気を発症させます。

免疫力を高めるためには、日内リズムに合った生活習慣を維持し、副交感神経を優位にする

食生活や適度な運動を心がけてください。

副交感神経を優位にする食事は、玄米やきのこ類、海藻類、魚介類などです。

肉類は、交感神経を優位にしますので適量としましょう。

次回は、日内リズムについて


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月15日

千葉市の幕張ドルフィン歯科です。

これからここでは、予防医療についてのお話をさせていただきます。

多くの方々が、健康でありたいと願っていることと思います。

人には、ホメオスタシスという機構が備わっています。

暑いときには汗をかき、寒い日には、重ね着をして身を守ります。

なかには、真冬なのにTシャツ一枚という方も見かけますね。

人は、自分自身の体の中に快適な温度を保つスイッチがあります。

その快適な環境を維持する範囲が人によってさまざまなので、

冬でも汗をかいてしまう人がいるわけです。

自分にとって最適な温度を保つことが、健康の第一歩といっていいでしょう。

次回は、免疫について


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

メイン | 2011年11月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科クリニック 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科クリニック
院長 米山吉洋

【経歴】
1991年 鶴見大学歯学部卒業 同年保存学教室入局

1996年 医療法人健和会 マリン歯科クリニック分院長就任

2001年 幕張ドルフィン歯科クリニック開業

2002年 日本ヘルスケア歯科学会入会

2005年 東京ヘルスケアグループ入会

2006年 ドルフィンケアルーム完成(内装改装実施)

2009年 日本メンタルヘルス協会公認の心理カウンセラーとなる

2011年3月 被災により移転を決意。この年の7月にリニューアルオープン