«  2012年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年4月28日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

大型5月連休に入りました。

スポーツやレジャーを計画している方も多くいらっしゃると思います。

私は、毎朝5時に起床し、ジョギングを日課としています。

週に1回は、学生時代より継続しているテニスをしていますが、瞬発力が年々落ちてきたことを

実感しています。

すでに48歳となりましたが、数年前より気功を実践しています。

気候は、副交感神経を優位にする健康法でこれも日課となりました。

脳科学者も言っているように病気の大半は、自分の心が決めているそうです。

ですからプラセボ効果で改善したり、医者を本当に信じていれば、不治の病でも治ってしまう人が

実際にいるわけです。

休日は、外でのレジャーもいいことですが、室内での気功やヨガ、瞑想なども健康寿命を

延ばす最大の休息となります。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月27日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

科学は、神学をルーツとして発展してきました。

神の領域に触れたいという願望が、神学、哲学に変遷し、科学となりました。

宇宙を知りたいという願望が、数学、科学、物理学、量子力学、宇宙工学になり、生命を知りたいという

願望が、生理学、生物学、医学、遺伝子学に発展してきました。

すべては、神を絶対視する宗教から始まり、現代に至っているわけです。

ホーキング博士は、ビッグバンの始まりに創造主はいらないという発言をし、キリスト教社会から

パッシングを受けました。

しかし、科学は神の存在を証明するために生まれたことは確かです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月25日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

日本は、最高齢化社会となりました。

この背景には、医療の発展や社会保障の充実などがあるでしょう。

しかし、死をもっとも恐れている国民であることも事実です。

マザーテレサは、神に疑念を抱いていたことを告白し、バチカンを震撼させました。

50年以上も神に仕えていたとされる人であっても、大いなる悩みを持っていたのです。

死を恐れることは、自分が消えてしまうという恐れでもあります。

一神教の国民であれば、天国を信じていますが、私たち日本人は、心の底から神を

信じているかといえば怪しいといえます。

仏教は、無我を説きますが、日本人が仏教徒であるといえばそれも疑わしい。

最長寿国民である日本人は、生に執着しているからこそ死を恐れているといえます。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月24日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

能は、日本古来からの文化ですが、私はまだ、触れたことがありません。

もっともすぐれた能は、観客がうたた寝してしまうといいます。

夢幻能は、死者の魂を鎮めるという意味があるそうです。

能の舞台を見るということは、幽玄の世界に遊ぶという性格を持っているそうです。

老齢に近づいていくと、うたた寝することも多くなってきます。

学会に行くと前の席でも、うたた寝している人を見かけます。

幽玄の世界に浸っているわけではなく、ただ内容がつまらないからなのでしょう。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月23日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

皆さんのご自宅には、仏間はありますか?

私の実家にはありませんでしたが、仏壇は実家や私の家にもあります。

先祖崇拝は、中国の道教、儒教の影響です。

そもそも日本には古来より神道はありましたが、飛鳥時代に仏教が伝来されてから

中国思想も一緒に入ってきたと思われます。

お墓は、各家にもあると思います。

身近な人、つまり家族だった人は、毎日拝むのですが、はたして祖父母以上の人を

拝む習慣は、現代では希薄になってきたように思います。

私たちは、ご先祖様の上に存在している事実を感じる心が、必要なのではと

思うのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月21日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

このブログでは、健康についての話題を続けています。

健康を考えていくと必ず、多くの分野にも目を向けていく必要性があります。

医学のみならず、自然科学、生物科学、宗教、哲学、心理学、経済などです。

一つ言えることは、病気は健康の反対ではなく、表裏一体ということです。

人生の中でまったく病気知らずという人は、まれです。

すべては、川の流れのように変化していきます。

今、あなたが病気であればそれは、体が今の生活習慣を変えてくださいといっているのです。

体は、いつも自分と一緒に人生を歩んでくれています。

その自分の体の声をすなおに聞いてあげてください。

人生の目的を見直すいい機会が、病気でもあるのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月20日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

日本人は、肉体的苦痛の中で、死ぬかどうかよりも、平和で幸福な心の状態で死ぬか

どうかにより関心を持つ。

だから日本文化では、死は単に生命の自然な終わりではなく、人生の最後の重要な

達成なのである。

その意味では、死は生の領域内にある。

これを言ったのは、宗教学者である岸本英夫でした。

自らがんを宣告され、闘病生活を綴った  死を見つめる心 は、

50年前にベストセラーとなりました。

今では、がん告知はあたりまえのようになっていますが、その当時は、家族に伝えるだけで

本人には知らされないことが常識とされていました。

そのなかで、自分の死を見つめることは、想像を絶する心境だったに違いありません。

岸本が言うように、死を見つめることが生を考える本質となり得るということでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月18日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

この世の中は、無常、無我、苦、因縁生起であると仏陀は、2600年前に発見しました。

縁起、無常や苦は、私たちでも理解できるものですが、無我となると理解に苦しみます。

しかし、川の流れのように一瞬一瞬、細胞は入れ替わっていますし、感情もめまぐるしく変化

していることは、理解できます。

年々老化が起こって、若いころできたことが、今ではできなくなりつつあることも

、認めたくないけれども認めざるを得ない。

年を重ねていくうちに怒りや後悔も薄らいでいく。

親の因果が子に報いといいますが、その親を許していくことも無我に通じることかも

知れません。

自分のものなど何もないことを知ることが、心を平安へと導いていきます。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月17日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

遺伝子研究の権威である村上和雄先生は、魂と遺伝子についての研究を続けています。

仏陀は、魂や自我、神は妄想であるということを言っています。

特に自我は、川の流れのように変化しているものなので、実体はないとのことです。

名前も職業も出身地でさえ自分ではなく、ただのラベルでしかありません。

自分と思っている体も、瞬間的に細胞レベルで変化しています。

一年後は、全ての細胞が完全に入れ変わっていますので、自分といえるものは、

ないともいえます。

そのないともあるともいえる魂に対して、科学のメスをいれようとしている

村上先生のチャレンジ精神を尊敬します。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月16日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

健康を考える上で、心の平安が必要ではないでしょうか?

ブッダは、無我、無常、空、苦を説きました。

五蘊は常にあり、それをあると思うこと自体はかまわないのですが、

無常、無我はかわらない。

アートマンもブラフマンも妄想でしかないという立場がブッダでした。

龍樹のように空をあまりにも難解に訳すと、わけがわからなくなります。

ブッダはとてもシンプルな教えであり、健康に限らずこの世のすべてのこと(諸行)

を俯瞰するのに役立ちます。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月14日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

健康を考えるうえで、死を意識することが大切とお話ししました。

単細胞生物は、分裂して生殖するので、いわば永遠の命を与えられているといえます。

我々のような多細胞生物は、ミトコンドリアを有したことで死が運命づけられました。

遺伝子研究の権威である村上和雄先生は、魂と遺伝子の研究を本格的に開始しました。

魂は実際にあるのか?という疑問に科学的なメスを入れるということです。

祈りは、ハーバード大学で現在研究中です。

宗教と科学の融合した実験が、今全世界で実施されています。

科学ももともとは、神学が発展したものです。

世紀の発見をした偉人は、宗教家が多いことも事実です。

まず、信じることから宇宙と生命の謎に迫る。

自分が健康であるかどうかも、ひとつの信仰なのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月13日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

遺伝子をコントロールしているものは、なんでしょうか?

それは、食物、化学薬品、磁気、光、周波数、情熱、愛、歓喜、笑い、言葉といった

外界からの刺激ということです。

クローン羊のドリーは、飢餓状態にしたことで眠っている遺伝子がONとなり誕生しました。

細胞生物学と量子物理学が融合した学問が発展することで、外界の刺激が

遺伝子に何らかの影響を与えていることの謎が、解き明かされるでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月12日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

ここでは、健康についてのコメントを多く話してきました。

それでは、健康の反対は死でしょうか?

違います。

生があるから死があるという1言論的な発想をお伝えしたいのです。

つまり、遺伝子レベルでも死のプログラムに従って、我々は生きています。

死は、生まれたときからあらかじめプログラムされたもので、人間は積極的に死に向かって

進んでいる存在なのです。

医学の進歩によって、人生50年という時代は過去のものになりました。

しかし、延命こそが医学の勝利という発想は、疑問が残ります。

死を見ようとしない生き方が、逆に生を遠ざけてしまう。

人間の、いや生きとし生けるものはすべて、生を連鎖していく存在です。

個々が、次世代への架け橋となっていくことが生きる目的といえるでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月11日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

世界に良い影響を与えている国として、日本は2006年から3年連続で1位となりました。

2010年 2011年は2位と上位をキープしています。

しかし、日本人自身は自国をあまり高く評価していないとのことです。

他国は、80%以上の人が自国を高く評価しているにもかかわらず、日本人は幸せ感を

あまり持っていません。

2010年の世論調査では、教育、医療、治安、経済、科学、技術を総合して日本は世界で最も

恵まれた国ということです。

震災時でも規律正しい態度で、混乱なく行動した日本を世界は称賛しました。

日本人の遺伝子には、利他精神が太古の時代から備わっているようです。

遺伝子は、逆境にもONになると遺伝子研究の権威である村上和雄先生はおっしゃっています。

この混乱した世の中だからこそ、遺伝子を活性化させるチャンスなのかもしれません。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月10日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

当医院は、治療の前に必ず各種検査を実施させていただいております。

虫歯や歯周病は、生活習慣病のため、個人個人の生活習慣を把握する必要があります。

そのために、目に見えないリスクや現在問題となっている部位の検査が必要となります。

レントゲンを細かく撮り、骨や根っこに問題がないか調べます。

カリエスリスク検査では、唾液の量や中和力、虫歯菌の量を調べます。

歯周病検査では、現在進行している歯周病の部位別の検査を行います。

口腔内カメラで、現在のお口の中の状態を撮影します。

治療後には、改善具合を知っていただくために再び、写真撮影を行います。

もっとも大切なことは、治療した口腔内を維持していくためのメインテナンスです。

このメインテナンス習慣を身に着けていただければ、再び虫歯や歯周病が再発することも

少なくなりますので、ぜひご利用ください。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 7日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

放射能のことは、誰もが最も関心を持っているところでしょう。

しかしながら、専門家でさえどこからどこまでが安全という部分は、未解明です。

条件によって安全、危険というゾーンが違ってくるものなので、グレーゾーンの幅が広がって

しまうわけです。

同じ線量の被ばくを受けても、ある人は大丈夫で、ある人はがんになってしまうことも

あり得ます。

免疫は、心の持ちようによって向上したり、低下したりすることは、医学的にも解明されています。

つまりあまりにも心配しすぎると、、ちょっとしたことでも病気になってしまいます。

常に、心を穏やかにして人生を笑っていられるような姿勢が大切なのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 6日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です。

科学は、もともと宗教から派生したものです。

神の行為の法則性を発見するという人の思いが、科学となった。

ガリレオやコペルニクス、ニュートンも信仰者でした。

科学の究極の目的は、命と宇宙の法則を発見することです。

健康も抽象度を高めていけば、命と宇宙という2点に集結していきます。

もともと科学は、技術とはかけ離れたものでしたので、役には立たないものでした。

しかし、人間は役に立たないものであれば、意味がないと考えますので話は終わってしまいます。

ニュートリノの発見も役にはなりませんが、ニュートリノがなければ人間も誕生していないという

ことも言えるわけです。

そのことを突き詰めていけば、死があるおかげで生や健康があるといっても過言ではないのです。

生は死を見つめることから、科学を受け入れることから始まるのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 4日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

子供のころは、いい悪いの判断が付かず、ほとんど親のしつけをいいと判断してしまうものです。

私の父はすでに他界していますが、子供のころから朝の乾布摩擦を一生涯行っていました。

乾布摩擦は、血流の流れを良くするためのものでしょうが、一方では、父の食生活は

健康的ではありませんでした。

どんな料理に対しても塩コショウや唐辛子をばんばんかけてしまうのです。

結果的に父は心臓病で76歳で亡くなりました。

心臓病になってしまった原因は、食生活と怒りっぽい性格にあったと考えています。

76歳まで生きられたのは、乾布摩擦のおかげともいえます。

いずれにしても自分の健康を左右するのは、子供のころから植えつけられた親や社会からの

洗脳といえます。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 3日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

ドクターショッピングをしているといつの居間にか、薬の量が多くなり結果的に病気が

改善しないという負のスパイラルにはまり込むことがあります。

薬は、急性期には効果を発揮するでしょうが、慢性化した場合、さらに悪化するということも

ありうると考えます。

製薬会社の社長は、自らは決して薬を飲まないという話があります。

それほど薬は、副作用が強いということなのでしょう。

病気が改善しないからと言っては、他科を受診し続けてしまうと、結果的には

ただ、薬の量が増えてしまうだけ。

日ごろの養生が、健康寿命を延ばす唯一の方法です。

明日死ぬとわかってもするのが養生

この意味するところをご理解いただきたいのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 2日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

今日から新学期、桜の花も例年ですと8分咲きでしょうが、今年はまだ2分咲きといった

ところでしょうか?

昨年は、震災で移転を余儀なくされ、去年の今頃は、移転準備中でした。

人生でどんなことがあっても、やる気を出していけることは、生きていくうえでも大切なことです。

そのためには、人生の目的をしっかり持つということも大事でしょう。

健康は、その目的を達成するためにも維持してくべき問題です。

健康といっても体だけではなく、心の健康も不可欠な部分です。

双方が、伴ってこそすべてのことを可能にしてくれる。

常に前向きな心と体をバランスよく保つこと、それが本来の健康といえるのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科クリニック 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科クリニック
院長 米山吉洋

【経歴】
1991年 鶴見大学歯学部卒業 同年保存学教室入局

1996年 医療法人健和会 マリン歯科クリニック分院長就任

2001年 幕張ドルフィン歯科クリニック開業

2002年 日本ヘルスケア歯科学会入会

2005年 東京ヘルスケアグループ入会

2006年 ドルフィンケアルーム完成(内装改装実施)

2009年 日本メンタルヘルス協会公認の心理カウンセラーとなる

2011年3月 被災により移転を決意。この年の7月にリニューアルオープン