«  2012年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年11月30日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

神は脳で作られているという事実があります。

脳の側頭葉を電気刺激すると存在しないものをありありと感じるといいます。

キリストやムハマンド、あるいはご先祖様が、人によってリアルに感じられるといいます。

科学は、神の領域を知りたいという人間のあくなき探究心から進化してきました。

その脳科学が宗教にメスをいれることは、神への冒涜ではなく必然といっていいでしょう。

神が人を創造したのではなく脳が神を創造したのですから。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月28日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

言語にはいろいろな表現があります。

ロシア圏では、明るい青と暗い青に相当する単語を別々に持っています。

エスキモー人は、白という単語を数多く持っているといわれています。

新雪の白、雪解けの白、光り輝く白、吹雪の白

脳における分類や認識は、それに対応する単語の有無が決め手となるそうです。

言葉によって人は、形作られていきます。

感情に気づくのも言葉を持っているからなのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月27日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

脳を活性化したければまず腸を

これは脳科学者も認めていることです。

消化器官の出すホルモンには血流にのって脳に到達し、神経機能に影響を与える

ものがあります。

つまり脳トレするよりも腸内環境を良くすることが、脳の健康にもいいわけです。

うつ病患者に対して消化器官を治療してうつ病を改善するものがあります。

胃腸を整えることで心の問題を解決することは、医療としても確かなことです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月26日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

幸福感は年齢とともに変化するという論文があります。

子供のころは、何に対しても興味を持ち、一日が長く感じられましたが、40,50代になると

仕事や家庭の問題で幸福感が下がる傾向があるようです。

一日もあっという間に終わり、ただ疲労感が残るばかり。

しかし、老齢期になるにつれて再び幸福感が上昇するといいいます。

不安やストレスといった負の感情も若いころがピークとなりますが、老齢になるにつれて

心が平安になるようです。

感謝の心が強くなるのは、さまざまな経験を重ねてきた老人なのでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月24日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

日本人が世界有数の長寿の秘密は、体温が外国人と比べ低いからです。

体温が低いということは、長寿遺伝子が活性化しますので、遺伝的にも長生きの要因を

もともと持っていたわけです。

もちろん、それだけではなく、医療の発達や発酵食中心の日本食の影響もあるでしょう。

しかし、その実態はけっしてほめられたものではありません。

実際には、寝たきりや認知症の老人が平均寿命を上げているという側面もあるわけです。

本来、健康寿命を延ばすことが人の幸せといえると思いますが、どうもそうではない。

食生活の欧米化がその主因とみています。

食が人を作る

日々の食生活を若いうちから見直す必要があります。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月22日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

人は過去や未来についての不安があるものです。

この不安が過剰になると自律神経に影響を及ぼし、病気になってしまうこともあります。

もともと日本人はセロトニンポーター遺伝子というものを持っている人種のため

すでに遺伝子レベルで不安感の強い運命を持っています。

電車が時刻通り発車する国は日本ぐらいです。

通勤時刻を守り、遅刻や病欠は後ろめたさを感じてしまいます。

自殺者が毎年3万人を輩出している国は、ロシア圏を除けば、トップに入ってしまいます。

生命保険をいくつも抱え込んでいる人が多いのも日本人の特徴でしょう。

健康であるためには、まずその過剰な不安をコントロールする意識が大切と考えます。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月21日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

腸内環境を整えることは、健康を維持していく上でとても重要なことです。

腸内環境では、良質な血液が作られますので血栓ができにくくなります。

さて、どうすれば腸内環境が良くなるのか?

それは、副交感神経と食事の質を上げることにつきます。

副交感神経を上げれば、腸の活動が活発になり、消化吸収がよくなります。

ゆっくりと食事を取ることや、体の温度を上げることも必要となります。

食事自体も日本食に代表される発酵食を選択的に食べるようにしてください。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月20日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

皆さんは、人差し指と薬指どちらが長いでしょうか?

私は薬指のほうが長いのですが、これはテストテロンというホルモンが多いことが

関係しているそうです。

このホルモンが多い場合、瞬発力や判断力、注意力が高くなるそうです。

実験では、薬指が長いトレーダーが、人差し指の長いトレーダーよりも株で儲ける確率が

高かったという結果が出ています。

ホルモンの多い少ないで、差が出ていることはなんとも興味深いものですね。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月19日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

肥満は、生活習慣病の予備軍ですが、最近は、生活習慣病予備軍の傾向にある

お子さんも多いようです。

さらに肥満は、がんの有病率も高いことがわかっています。

また肥満は、脳科学的に言ってもIQが低い傾向が示唆されています。

あくまでも統計的な結果ですが、肥満でいいことは何もないといえます。

逆にIQが高い傾向にあった児童は、有酸素運動が得意という結果があります。

ここで言えることは、勉強だけでなく運動も頑張る児童が、心身共に健康でいられる

要素であるということです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月17日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

副交感神経は、胃腸の運動や、血圧を下げるなどの作用があり、交感神経による

興奮作用に対してのブレーキの役割を担っています。

近年、40代以降は副交感神経のレベルが急激に落ちてくることがわかってきました。

つまり、40代以降になっても仕事のストレスや睡眠不足、不安感などが高い状態の場合

病気になりやすくなってしまうのです。

そうならないためには、副交感神経を上げることを日常的に実践するようにしていただきたい。

充分な睡眠や適度な運動、食事もゆっくりと食べる、ゆっくりと湯船につかる

そのようなスローライフを心がけることで、たとえ激務に身を置いていたとしても

自律神経のバランスを保ち、病気にならない体となります。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月16日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

人がミスをする5大要素を自律神経の研究で有名な小林弘幸先生は、下記のように上げています。

1.自信がない

2.時間的余裕がない

3.未知のものに遭遇した

4.自分の体調が悪い

5.周囲の環境が悪い

ミスをするときには、必ずこの要素があるといいます。

つまりミスを減らすためには、この要素の何項目かでも、事前に準備をすることで

回避することが可能となります。

これをスポーツで置き換えてみると納得されるはずです。

私は学生時代よりテニスをしていますが、試合に負ける時は、必ずこの要素が

含まれていました。

緊張のあまり夜寝られなくて体調が悪いということもありましたし、

勝ちを急ぐあまり、結果的に勝てなかったり、練習をしたショットにまだ自信がなかったり

そんな具合では、たとえ勝てなくてもふがいなさが残るばかりです。

準備不足や本番で緊張しすぎることが、かえってパフォーマンスを悪くします。

ミスはつきものですが、この要素のいずれかでもカバーできればミスを減らすことは

できるはずです。

これは、スポーツに限ったことではなく、仕事や家庭内でもいえることでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月14日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

怒りは、交感神経を興奮させ、血流にも影響を与えます。

仏教的にも怒りは三毒の中に含まれるほど、禁物とされています。

怒りを鎮めるためには、その感情がどこから来たのかを考える必要があります。

自分の期待との落差があまりにも大きい時に、怒りという第三感情が生まれてきます。

ただ、出来事の受け止め方を変えていく作業で、感情はコントロールされます。

一旦保留にした件を冷静になった状態で、場所を変えて人に伝えるようにすれば

怒りで常に自律神経のバランスが崩れている状態から、平常心を保つ状態へとシフト

できるでしょう。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月13日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

ゆっくりとした生活が自律神経のバランスを保ち、病気にならない体を作ります。

朝のウオーキングを日課にするだけでも、副交感神経が優位となります。

それができなくても、日々の生活の中でゆっくりとした動作を与えるだけでも違ってきます。

歩行に意識を向ける

エスカレーターでなく階段を選ぶ

ゆっくりとメモを書く

私は、毎朝のジョギングを日課とし、土手でストレッチと気功を実践しています。

四季を感じれる場所が土手なので、とてもすがすがしい気分になれるのです。

自分にとっての自律神経バランスを良くする方法を見つけてください。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月12日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

現代は、速度が要求される社会となっています。

インターネットもより速くアクセスできて、情報を瞬時に確認できることに価値があるとされています。

しかし、仕事の効率化が重要視されてきた反面、人の心や健康上の問題が

置き去りにされているようです。

実際にうつ病患者や自殺者、生活習慣病に罹患する患者数はうなぎのぼりです。

その原因は、自律神経のバランスが崩れ、自分の心と体が破壊されていくという負の連鎖に

ほかなりません。

自律神経のバランスを維持するためには、ゆっくりとした生活を心がけることです。

ゆっくりと歩く

ゆっくりと湯船につかる

ゆっくりと食事をする

ゆっくりと空を見上げる

そんなささいなことが副交感神経を優位にし、バランスの悪くなった状態を元に戻してくれるのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月10日

千葉市 幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

現代の脳科学とブッダの仏教は、共通点が多くあります。

特に因果の法則は、科学が物事を客観的にとらえようとする部分に共通しています。

脳は視覚から入ってきた情報を認識しようとしますが、たとえば私たちが

テーブルのお皿を見たとき楕円に見えています。

しかし、私たちはお皿は円で構成されているという過去の認識があるので

楕円で見ていたお皿を円という認識に変えているわけです。

物事を正確にとらえようとすることを仏教は、修行によって行うのですが、

それが達成された時を悟りといいます。

科学も物事を正確にとらえるために進化してきました。

しかしながら絶対的なものは、何もないことも今ではわかっています。

これも仏陀は、空や諸行無常ということばで、言い表しています。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 9日

幕張本郷予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

現代は、多くの情報であふれかえっています。

情報を収集することでかえってストレス過多となり、健康を害しては何にもなりません。

テレビやネットの世界は、ひとつの洗脳世界です。

物質的な豊かさが、必ずしも幸せとつながってはいません。

心を落ち着かせることで、見えなかった世界が広がることもあります。

仏陀は、瞑想することで情報を遮断し、煩悩から抜け出すことを目標としました。

情報社会に流されず、無我の境地に入ることも人が幸せになるためには

必要なのかも知れません。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 7日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

釈迦の仏教には、諸法無我というものがあります。

自分というものは、実体はないということですが、どうしても私たちは自分を中心として

世界を見てしまいます。

自分というものがないと知った時、世界も仮の姿だと気づくといいます。

自分も単なる一個体ではなく、パーツごとに分かれていて機能しているにすぎません。

人の体は何兆個の細胞からなり、腸内細菌叢にも何億もの常在菌が棲みついて、免疫機能を

作り上げているわけです。

我欲や執着が、病を作り、貧困を生み、国を滅ぼします。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 6日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

私は、よく仏教の書籍を読みます。

仏教といっても日本の大乗仏教ではなく、仏陀の直接の教えである原始仏教のことです。

特に縁起や諸行無常は、私の日常の根本的なものを支えています。

縁起は、いい悪いといった二言論ではなく、すべては関係性から成り立っているということです。

健康があれば病気があり、楽しみがあれば苦しみも必ずあるということです。

諸行無常は、皆さんもご存知のようにすべては、ただ変化しているだけという教えです。

人の心も日々移ろい、生きとし生けるものや物質でさえ、ただ流転のなかにあるだけです。

このようなことを常に感じていけば、執着することもなく日々を心穏やかに過ごせます。

仏教は、そもそも自らを律するためのものなのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 5日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

体温は、温めたほうがいい、いや薄着のほうがいいという議論があります。

そもそも人によって恒常性は違いますので、どちらも正論ではあります。

冷え性の人は、温めることを心がけたほうがいいでしょうし、汗かきの人は、

冬でも薄着でいいはずです。

しかし、体の部位によってはそれぞれ温めたほうがいい部位と、冷やすほうがいい部位もあります。

特に足は、靴下を重ね着したり、寝床に湯たんぽをいれたりして、温めるべきです。

反対に上半身は、薄着でも十分でしょう。

自律訓練法でも頭は冷やして四肢を中心とした部分は、暖かいイメージを作らせます。

このようなイメージは心を落ち着かせる効果があり、うつ病にも効果があります。

簡単に言えば露天風呂に入っているイメージです。

体温の調節は、心身共に病気にならない基本なのです。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 2日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

私は、日本メンタルヘルス協会でカウンセリングテクニックを学び、2009年には

カウンセラーの公認をいただきました。

実際にクライアントのカウンセリングを実施していましたが、心に病を持つ方のカウンセリングの

難しさを感じています。

現代の日本は、うつ病患者さんが増加していて、心療内科や精神科にうつ病患者さんが

多数通院していると聞きます。

自殺者も年間3万人を13年連続更新しています。

うつ病は、脳内のセロトニンの不足から引き起こされているので、セロトニン量を増やすための

アドバイスが必要となります。

具体的には、よく寝ることと早朝に朝日を浴びることです。

食生活は、腸内細菌叢を活性化させるための発酵食品と、食物繊維をふんだんに取る

必要があります。

また、カウンセリングによって悩みを聴くことも大変重要となります。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年11月 1日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

風邪の季節となってきました。

ついこの間までの暑さがウソのようです。

衣替えも終わり、朝晩の冷え込みも徐々に増してきます。

私は、夏の暑いころから、天然素材の靴下を3枚重ねて就寝しています。

末端の冷えは、万病の元となります。

食事も発酵食品を日常的に取り入れています。

発酵食品は、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

お風呂は寒いからといって、決して最初から40度以上に上げないでください。

ヒートショックで亡くなる方は、年間1万人以上います。

ヒートショックとは、寒い日にいきなり熱い湯船に入った時に起こる、急激な温度上昇のことで

血圧の急上昇から心筋梗塞や脳血管障害を引き起こし、死に至ることもあります。

寒い日には、38度の湯船にゆっくりと入ってゆっくりとつかってください。

日ごろの行いが、健康を作り上げます。



幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

幕張ドルフィン歯科クリニック 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科クリニック
院長 米山吉洋

【経歴】
1991年 鶴見大学歯学部卒業 同年保存学教室入局

1996年 医療法人健和会 マリン歯科クリニック分院長就任

2001年 幕張ドルフィン歯科クリニック開業

2002年 日本ヘルスケア歯科学会入会

2005年 東京ヘルスケアグループ入会

2006年 ドルフィンケアルーム完成(内装改装実施)

2009年 日本メンタルヘルス協会公認の心理カウンセラーとなる

2011年3月 被災により移転を決意。この年の7月にリニューアルオープン