«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 門出に寄せて | メイン | 抜歯をしない矯正 »

2016年3月14日

13日は朝から寒い一日でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、日本ヘルスケア歯科学会に所属し、予防歯科を地域の方々へ提供しております。
学会のオピニオンメンバーとして午前中会議に出席しました。
会議では、国民にいかにして学会が行っている予防歯科を知っていただけるかを議論しました。

予防歯科とは、治療後のメインテナンスを一生涯していただくことで、虫歯や歯周病の予防を
目標としています。
そのなかで、特に根面齲蝕は、50代から多くなり、メインテナンスをしていかない場合、歯の
喪失につながる虫歯です。

ヘルスケア 002.JPG

午後は、その根面齲蝕について長崎大学の久保先生の講義を拝聴しました。
歯茎に近い虫歯を根面齲蝕といいますが、まだなぜ発症するのかが解明されていません。
また、その予防策も決定的なものはなく、進行を遅らせる方法があるだけです。

その研究を長年されてきた久保先生は、フッ素の虫歯に対する効果を示されました。
一番効果のあるフッ素の使用は、洗口であることを指摘されています。
当医院でも、メインテナンスの方には必ずフッ素塗布とフッ素洗口剤を提供しています。

メインテナンスの意義は、虫歯や歯周病の再発防止と進行を遅らせ、治療介入から
経過観察へとシフトするところにあります。
一度治療介入してもその歯が一生涯持つとは限りません。

その視点がない限り、歯科を治療のためだけに利用していかなければならないでしょう。
そこに患者利益はないと考え、日夜啓蒙活動を続けている学会の仲間と飲む酒も
格別なものがあります。


幕張ドルフィン歯科はこちらから→

歯科衛生士募集中
千葉の歯科・歯医者なら幕張ドルフィン歯科クリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makuhari-dolphin-dental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/972

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科クリニック 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科クリニック
院長 米山吉洋

【経歴】
1991年 鶴見大学歯学部卒業 同年保存学教室入局

1996年 医療法人健和会 マリン歯科クリニック分院長就任

2001年 幕張ドルフィン歯科クリニック開業

2002年 日本ヘルスケア歯科学会入会

2005年 東京ヘルスケアグループ入会

2006年 ドルフィンケアルーム完成(内装改装実施)

2009年 日本メンタルヘルス協会公認の心理カウンセラーとなる

2011年3月 被災により移転を決意。この年の7月にリニューアルオープン