矯正歯科

1

このようなお悩みありませんか?

受け口
  • 歯並びが気になる…
  • 歯がガタガタなので治したい
  • 食べ物が噛めない
  • 磨き残しが多いといわれる

以上のようなお悩みをお持ちの方は、矯正歯科治療で改善できる可能性があります。

2

当院で取り扱っている矯正歯科治療について

矯正をしているのが目立たないマウスピース矯正

マウスピース矯正

当院ではマウスピース矯正治療を行っております。
マウスピース矯正でも様々な種類がありますが、当院ではその中でも最も実績数の多いインビザラインを導入しております。
マウスピース矯正は他者から矯正しているのがわかりづらく、取り外しも可能であるため、
矯正をしているのがバレたくないという方や矯正中の虫歯などをご心配されている方にも安心して治療を受けていただくことが出来ます。

マウスピース矯正治療のメリット

  • 矯正治療をしているのが他者からわかりづらい

    マウスピースは透明かつ薄いため、他者から見たときに矯正をしているのが非常にわかりづらいというメリットがあります。矯正をしているのが周りにバレたくない、ワイヤーの矯正治療だと見栄えが気になるという方にはおすすめです。

  • 取り外しが出来るので清潔感を保てる

    マウスピースは取り外しができます。そのため、食べ物のカスがたまって虫歯や歯周病になるリスクを軽減することが出来ます。虫歯や歯周病は口臭の原因などにもなるので、口臭が出るようなことも防ぐことが出来ます。

  • 通院頻度が少なくなる

    マウスピース矯正では、ワイヤーの矯正治療のようにワイヤーの微調整を行う必要がないため頻繁に歯科医院に通う必要がありません。そのため、患者様にとって負担が少なく矯正治療を行うことが出来ます。

マウスピース矯正治療のデメリット

  • 適応できる症例がワイヤー矯正よりも狭い

    ワイヤーの矯正治療よりも適応できる症例の幅が狭いというデメリットがあります。マウスピース矯正治療で改善可能かどうかは、一度相談にお越しいただいてから判断をさせていただければと思います。

最新設備の導入:iTero

itero

当院では、iTeroという最新設備を導入しています。こちらの器具を使用することで歯並びをスキャンすることができ、従来行っていたような印象材で歯型を取るというプロセスを行う必要がなくなります。患者様にとってより嫌な思いをすることなく、矯正治療を行うことが出来るようになります。

昼間外せる矯正装置【床(しょう)矯正】

床矯正

「歯を矯正したいけど、装置をつけることに抵抗がある」という方はいらっしゃいませんか?

当クリニックの矯正では、夜寝ているときだけ装着する取り外し式の矯正装置を使用します。これはワイヤーを使う治療方法ではないため、食事中や学校・仕事のときなど、人前に出るときは装置をはずすことが可能です。

この装置は歯を正しい位置に動かすとともに、歯の土台を正しい大きさに拡大します。床矯正装置には、スクリューが装着されており、ネジを巻いてスクリューを移動させることで、歯の土台を広げたり歯を動かしたりします。気になったところだけではなく、狭窄した歯列を広げることで頭痛、肩こり、睡眠時無呼吸症候群の改善につながる矯正です。

床矯正治療のメリット

  • 人に知られないで矯正治療ができる

    床(しょう)矯正の最大のメリットは、人に知られないで矯正治療ができる点にあります。
    たとえばお子さんなら、写真撮影の日や、大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。矯正装置をつけていることによる、いじめの心配もありません。また大人の方なら、営業職・接客業など人前に出る仕事に就いている方も、安心して治療にトライできます。

  • 装着時間が短い

    装着は寝ている時だけでOKです。そのため装着している時間が短く、患者様にとって負担が少なく矯正治療を行うことが出来ます。

  • 矯正治療中に虫歯になるリスクが低い

    固定式の装置は取り外しができないため、ブラッシングがうまくいかず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます(食生活の変化から、最近ではお子さんも歯周病にかかってしまうケースが増えています)。実際、固定式の矯正法を採用している先生は、患者さんの虫歯に対して一番敏感になっています。

    しかし、当クリニックの矯正ではそんな心配はいりません。装置を取り外すことで、普段と同じようにブラッシングが可能です。取り外し式の装置を使うことは、虫歯・歯周病を予防できるという点でも、多くのメリットがあるのです。

床矯正治療のデメリット

  • 治療期間が長い

    この床矯正は前歯だけでなく、かみ合わせを改善する治療方法です。また、固定式の矯正が2年で終了するところを、この装置では歯の土台をゆっくりと広げるため、3〜4年程かかります。