受け口

1

受け口とはどのような症状なのか?

受け口

噛んだときに下顎が上顎よりも前にくる状態です。見栄えにも影響するため、成長期を迎える前に治療を始めることが望ましいでしょう。
また噛み合わせが悪いことで身体の不調を引き起こすケースがあるため、早期治療が好ましいと考えています。

2

受け口の原因について

受け口にも様々な原因が考えられます。
前歯の傾斜(上前歯が内側に入り、下前歯が外側に出ている状態)が原因である場合や、上顎の成長が悪いまたは、下顎が過度に成長している骨格が原因であるケースがあります。
また子供のころの舌で歯を押す習慣なども受け口になってしまう原因になり得ます。

3

受け口に適した治療法について

受け口の治療はワイヤーの矯正治療が適しています。
受け口の治療には抜歯が必要になるケースや、骨格的な問題で起こっている受け口の場合には手術を伴った外科矯正の範囲に入ります。
マウスピース矯正にて受け口を改善できるケースは、一歯、二歯程度の受け口である場合です。
そのような場合にはマウスピース矯正でも改善可能であるため、是非一度ご相談下さい。