矯正治療の開始時期

子供の矯正は、永久歯列まで待ったほうがいいという意見と、なるべく早く開始した方がいいという意見があります。

結論から申し上げれば、早い時期から歯並びを改善することがベストです。

遅く矯正をスタートした場合、数本の抜歯や外科矯正となることもあり、治療自体の難易度が上がります。

子供のころから治療を進めていけば、軽度の状態で済み、なおかつ口呼吸を鼻呼吸へ改善することも容易となります。

もちろん、すでに永久歯列となってからでも諦める必要はありません。

ぜひご相談のご予約をしてください。